得太郎.club

福岡からグルメ、ダイエット、オススメ商品等を紹介します。

遠距離で暮らす両親との連絡方法を検証しました。 その1

こんばんは得太郎です。

小生は転勤族の為、両親とは遠距離で

暮らしています。

小生の両親は、70代で両親共に

健康で元気です。

両親が後10年健在であると考えて、

会える時間は4日❌3回=12日

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始

 

12日❌10年=120日となります。

こう考えると残り時間は少ないですね。

 

実は5年前位から、頻繁に会えない分、

親との連絡をもう少し回数を増やすこと

が出来ないかと考えて実践しています。

小生と両親の連絡方法が、皆様の参考に

なればと考え紹介します。

 

本日の目次

   1.保守的な両親の言い分

   2.タブレットの活用

 

1.保守的な両親の言い分

    以前、両親との連絡はガラケの

    電話とメールでしたが、ほとんど

    活用されていませんでした。

    父に関しては、充電すらしていない

    状態でした。

    そこで、両親にスマホへの機種変更を

    ススメましたが、下記言い分から

    断念しました。

 

    ①ガラケーでも難しいのに、スマホ

        使いこなせる訳がない。

    ②費用が高くなる。

    ③連絡を取る相手も必要も無い。

 

    性急にことを進めようとして失敗

    しました。

 

2.タブレットの活用

    妹からおさがりのiPadが両親宅に

    やってきました。

    まずは、タブレットiOS)に慣れる

    事から始めました。

 

    ①インターネット(ネット通販サイト

       や価格ドットコムの閲覧)やゲーム

     (将棋、麻雀)等でiOS画面に慣れて

       もらう。

    ②欲しい商品をネット通販で購入し、

        便利である事を体感して貰う。

        特に家電は、店舗価格とネット

        購入価格の違いを感じて貰い

        やすかった。

    ③フェースタイムで連絡が取れる事を

        意識づける。

        帰省するたびに実践して便利さを

        説明しました。

 

    そして両親は1年半前に最新のiPad

    購入しました。

    今は、新型iPadを母が、旧型iPadを父が

    使用中です。 

  

    両親にとってタブレットを導入した

    ことにより、日常生活の利便性が向上

    したと実感したみたいです。

    まだまだ、操作面では苦戦しています

    が、大きな進歩と思っています。

 

次回は、念願のスマホ導入及びラインの

活用について説明します。 

次回に続く。